スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年はじまったばかりですが、「やっと終わった~!!」ってこと

1日遅れましたが、みなさま明けましておめでとうございます。
昨年も、いいものやをご愛顧いただき、ありがとうございました。

我が息子は、なぜこんなにもフォトジェニックなのか・・・
CIMG9628.jpg


私事になりますが、2015年はバリ島に移住して依頼、一番忙しい年になりました。
Karyaという家寺の格上げの儀式をするため、8月からお供え物作りをしてきたからです。
そして昨日の元旦が最終日でして、晴れて”座って”ブログが書けるようになったというわけです。

Karyaの準備が始まったときに、親戚のおばさんに、どのくらいお供え物を作るのか聞いたことがあります。
「200万個」という返答。
クリスマスの電飾以外で聞いたことのない単位に、かなりビビって2度聞きしたほどです。
おかげで一部屋は「お供え物ストック部屋」と化し、それでも場所が足りないほどでした。

1ヶ月前の部屋。パンパン!
CIMG9417.jpg

そんなお部屋も、からっぽに・・・全部、使ったんだなぁ~。
CIMG9711.jpg


12月25日~1月1日まで行われた我が家のKaryaの様子です。

●ガムランやトペン(お面をつけて踊る奉納の舞)
CIMG9501.jpg

●子どもたちの奉納の舞。
CIMG9582.jpg

●村のお寺まで奉納のパレード。
CIMG9580.jpg

●夜はワヤン(影絵)の上演。
CIMG9635.jpg

●家寺境内、混みっこみ。
CIMG9508.jpg

●海に面した、コウモリ寺院(ゴアラワ寺院)に参拝。
CIMG9640.jpg

●うしろの洞窟内にコウモリがびっしりいます。
CIMG9646.jpg

●またお化粧されてる。
CIMG9668.jpg


などなど、とにかく個人宅の寺の祭りとは思えない華やかさでした。
無事に遂行できて、家族はさぞ誇らしいことと思います。


店主が感じたあれこれを、書きとめたいと思います。

■良かったこと

『家族や親戚に一体感が生まれる』
同じ目標に向かって、四六時中一緒に作業するので、否が応でも一体感は生まれます。あと、ずいぶん人の名前や人間関係も覚えることができました。

『お供え物の種類をたくさん覚える』
普段は使わないようなお供え物がてんこ盛りなので、こうやってお供え物のレパートリーが増えていくのね~という感じ。店主は、そんなに覚えてません。

『バリ料理のレパートリーが増える』
お手伝いに来てくれた人たちに賄いを振舞うので、料理は必須。店主は石臼で作るサンバルの作り方を覚えましたが、ゴリゴリやってると手の皮が剥けることもわかりました。

『両親に儀式の様子を見せられた』
たまたまバリ島に来ていた日本の両親に、儀式の初日(12月25日)を見せることができました。めったに参加できる行事ではないので、2人とも喜んでくれました。

『バリの文化にどっぷり浸れる』
宗教行事とはいえ、人が作る文化です。バリの人たちの思考や生き方をひしひしと感じました。子どもたちも、こうしてバリの人になっていくんだなと思いました。

■嫌だったこと

『洗濯物が干せない』
本番1ヶ月前にお清めの儀式をして以降、表に洗濯物を干せなくなりました。空き部屋もないので、洗濯物が溜まりまくって困りました。

『常にサロンを着用』
儀式前の1ヶ月は、常にお手伝いの人が敷地内に居るので、民族衣装の布を腰に巻くのが礼儀です。暑いし動きにくいし、床で滑って転ぶしで大変でした。

『天候よりも体調よりも儀式が優先』
ちょうど雨季に入ったバリ。一時、豪雨が降り止まない日が続きましたが、儀式は続行。雨よけに頭にビニールをかぶって作業しますが、もちろん体はびしょぬれなので、体調を崩す人が続出しました。

『動物を殺しすぎる』
これ、一番嫌でした。ちょっとトラウマ級。お供えや食事にするために、たくさんの豚や鶏、その他の(ここでは書けないような)動物たちを殺します。頭では、大切な命をいただかなくてはとわかっていますが、理屈じゃなく、もう無理でした。

『仕事ができない』
これはもちろん嫌なんだけど、さすがに経験上、ある程度予想がついていたので、以前ほどストレスはなかったです。我ながら、成長したものです。

『お金がかかる』
我が家は本家と合同でやったことと、できるだけ簡素にしたので、かなり割安に済みそうとのことですが、それでも100万円単位のお金がかかるようです。くぅ~(涙)。


■総評
宗教は「答え」だと、いばや通信の坂爪さんが言っていて、店主は納得してしまったんですが、その証拠にバリの人たちには迷いがないんですね。上に触れた、動物を殺すこととか、お金がかかることとか、それが宗教上必要となれば、全然迷わない。バリ人のストレスの少なさの秘訣は、この迷いがないことにも寄るんだろうと感じました。
迷わないことが良いかどうかは、また別の話なんですけどね・・・(宗教の影響力って、まぎれもなく大きいんですよ)

もともと宗教を身近に生活をしてきたわけではない店主は、思いっきり迷いや疑問もたくさん感じましたが、こういう疑問をもつ経験ができたことは良かったです。

でも、当分こーゆーのお腹いっぱいだな~、と思っていたら、さっそく「1月3日は、お隣さん家のKaryaの手伝いお願いね」とww。

ということで、これから本格的に2016年商品の製作&仕入れを開始します。
本年も、バリのいいものやをよろしくお願いいたします!(ちょっと強引にまとめすぎ?)
スポンサーサイト

オバマきたる!!!

今週もはじまりました、みなさんお元気ですか?

ということでいつも通りのタイトル釣り作戦です。
もちろん、オバマ大統領は来ていません。

しかし、ある有名人が来訪されました!
地元新潟では知る人ぞ知る有名人「アロイのなっちゃん」です。

で、飲んだときの写真がこれ。
11005964_790538300982375_1683983582_n.jpg

お店の人に何度撮り直してもらっても、
なっちゃんの黒光りとわたしの能面(気合入れて、ベビーパウダーたたきすぎた)は変わらず・・・

知らない人のために説明しよう。

「アロイのなっちゃん」とは、
長岡地区を中心にイベントなどに出店している名物屋台「アロイ」(タイ料理がメイン)を、
一人で切り盛りする女店主である。
春から初冬にかけて県内外のイベントに精力的に出店し、
オリエンタルな料理が毎回人気を博している。
一方、冬になると毎年日本を飛び出し、世界を歩き倒す旅人でもある。(ウィキペディアより→うそ)

ということで、旅の話を聞いたり、
ビールを飲んだり、
アロイのことを聞いたり、
ビールを飲んだりして、
楽しい時間を過ごしました。

イベントでは出展者の方との出会いも楽しみの一つですが、
なかなかゆっくり話す機会はないもの。

日本にいるときよりも、
コチラの方が人とゆっくり向き合えることも、
バリ島の魅力かもしれません。

なっちゃんの話を聞き、
まだ知らない世界に思いを馳せながら、
気持ちよく酔った夜でした。

みなさんも、バリ島にいらっしゃいませんか?

---
夏のイベントでの再会を約束して、
なっちゃんはマレーシアに旅立っていきました。
今頃、どの辺りを旅しているのでしょうね・・・

いいものや 家具作り始めました!

一応、日曜日には更新をと思っているのですが、また月曜に・・・
みなさま、今週もお元気でしょうか?

日本は寒さが厳しくなりつつある頃でしょうか?
こちら南半球は、暑くて暑くて熱中症になりそうです。

最近、夫が家具作りに凝っています。
凝っているというか、人まで雇ってわりと本格的に作っています。

わたしの住む村は、かつては木彫りの工芸品で潤ったところだそうで、
今でも木彫りを生業にしている人が多いです。

そのため木を使ったモノづくりや、
立体物の製作に長けている人がたくさんいます。

そうした影響もあって、自分達で作ってみようと思ったらしいです。

試作第一弾がコチラのソファセット。
CIMG7618.jpg

背面には、木製のレリーフをはめ込んでみました。

今回、クッションの色は「レッドマロン」という音の響きに釣られて、
こちらの色を選んでみたのですが、
なんかこう、コンサバ系というか・・・
80年代のドラマに出てきそうなソファセットになってしまった気がします。

〈教訓その1〉
○クッションの色は冒険するな。

第二段のダイニングテーブルは全長4mと、かなり巨大です。
CIMG7654.jpg

CIMG7660.jpg

このサイズのテーブルは、買うとかなりお高いのですが、
かなりお得に作ることができました。

椅子を作る技術はないので、テーブルのみ。
現在のところ立食用です。

〈教訓その2〉
○大きなテーブルには、椅子もたくさん必要だ。

次回はガゼボ(東屋)を作るそう。

規模がどんどん大きくなっていくのが、
ちょっと気になりますが、
完成品を見るのは楽しいですね。

あれ、なんかわたし、リア充自慢っぽくなってる?

たまには、わたしも自慢したいんですよ!
たまには、リア充っぶってみたいんですよ!

※ちなみに、これらの家具は夫のお客さん宅に納品されました。
まるで店主が使うかのように書いていますが、
使いませんからっ!

先日のポトンギギなんだけど、なんか納得できない件

昨晩、クリスティアーノ・ロナウドと結婚する夢をみました。
へへへへへ

クリスチアーノ・ロナウド レアルマドリード LIVING LEGEND パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 02 pfl06-178クリスチアーノ・ロナウド レアルマドリード LIVING LEGEND パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 02 pfl06-178
()
バンダイ

商品詳細を見る

そんな気持ち悪い話は置いといて、
本題に入ります。

先日、ブログに書きましたが、
ポトンギギという歯を削る儀式をしたときのことです。

ポトンギギでは歯を鉄製の棒ヤスリで削りますが、
このヤスリは使いまわしではないかと、
つねづね不安に思っていました。

歯を削ってくれるのは、
イダ・バグースという高い階級の方ですが、
(バリヒンドゥーも身分分けがあります)
その方が持参したヤスリを使うようで、
そのヤスリは使いまわしなのではないかと、

いや100%使いまわしだ!

そうだそうだ、使いまわしに決まってる!

自分のときはぜひとも新品のヤスリをプレゼントしたいと、
以前から、夫に相談していますが、
「ダメよ~、ダメダメ」の一点張り。

使いまわしヤスリに甘んじるしかないのかと、
半ば諦めていました。

しかし!OKがでたんです!
新しいヤスリを買っても良いとことが、
義弟調査により判明し、
(というか、わたしがゴネたので、仕方なくっぽいです)
新品を使うことになりました。

ポトンギギをするのは、
夫、義弟、義妹、隣の親戚の子、わたしの5人。
義弟が買ってきたヤスリは2本。

ん、数あってる?

わたし用が1本、もう1本は残りの4人で使うというので、
他人のことはどーでもいい系女子のわたしは、
それならよかろうと納得して式に臨みました。

そして当日、式が始まりました。
二人ずつのペアで式が進められ、
最初に夫と義弟、次が義妹と隣ん家の子、最後はわたし一人です。

ヤスリの数、やっぱおかしくね?

IMG_2226.jpg
完全に二人同時進行で歯を削っている。
ヤスリ一本を交互に使っている気配ゼロ%。

ということは・・・

最後のわたしは、
4人の使いまわしヤスリで削られるってことやんけ!

儀式は着々と進行しており、
「これって新品ですか?誰も使ってないですか?」などと、
イダ・バグース(しつこいですが高い階級の方です)に聞けるはずもなく、
いやその前に、まわりのおばちゃんたちうるさすぎるから、
まずは黙って!

IMG_2247.jpg
息子のほっぺ引っ張っるの、やめんかい!

IMG_2261.jpg
あー、もう削られちゃったよ~・・・
ってもう選択の余地もへったくれもない状況。

式終了後にこの疑惑について、
夫や義妹に訊ねてみると、
「ぅワハハハハ」とムカつくことこの上なし

終わったことを蒸し返しても仕方がないのですが、
なんかスッキリしません。

これからポトンギギをする人は(いる?)、
ヤスリの数にも十分お気をつけくださいね。

みなさん、お元気ですか?いいものやです

9月の初旬にバリ島に戻り、
あっという間に10月も半ばをすぎました。
みなさまお元気でしょうか?

IMG_2067.jpg

本当に久しぶりのブログです。(今年の目標「週一更新」達成せず・・・)
今後は週一ペースの更新に戻しますので、どうぞご容赦くださいませ。

あまりに間が開きすぎて、
さて、どこから話したものか。

いや、まずはお礼からです。

この夏も、たくさんの方にいいものやにお越しいただきました。
みなさまのおかげで、いいものやを続けることができています。
本当にありがとうございます。

3ヶ月間で約30日間出店しましたが、これはいいものや史上最多。
快く参加をご承諾くださった主催者様にも、この場を借りてお礼申し上げます。

体力が続く限り、どこまでも参りますので、引き続きよろしくお願いします!

そしてこの1ヵ月半、店主がバリで何をしていたかです。
「ただサボっていたんだろう」と思ったら大間違いですよ。

こんなことやあんなこともしていたので、
サボってたのは7割くらいですから。

まずは、結婚しました!(義弟が)
例のお嬢さんとです。やっほーい!!

IMG_2304.jpg

そのときに、わたしもついでに歯を削りました。
なんのこっちゃら、わけわからん、という人に簡単に説明すると、
「バリ島では成人の儀式として「ポトンギギ」という上の前歯6本を削る式があります。
お供え物などを節約するため、結婚式などのおめでたい式に合わせで行うことが多く、
今回、我が家も義弟の結婚式にあわせてポトンギギをしました。」
(ウィキペディアより)(←ウソ)

CIMG6979.jpg
成人式(2回目)なので、着飾ります。
その後、時間の経過とともに、厚塗りメイクがどんどんヒビ割れ、
ナチュラルにヘビメタメイクが完成します。
一度で二度おいしいメイクです。

IMG_2261.jpg
さらし者のように寝かされて、削られます。

「削るマネ」をするだけだと聞いていましたが、
実際はゴリゴリと音がするほど。
途中、削り具合を鏡で確認し「もう少しやる?」と訊ねられましたが、
もちろん十分なわけで、丁重にお断りしました。

CIMG6967.jpg
子ども達の儀式もついでにやっちゃいます。

今回、初めてお供え用のブタを殺すところを目にしました。
これは人生の中でも、かなり強烈な体験のひとつに。
スキューバよりも人生観が変わりました・・・

結婚式の1週間後、
義弟は新妻を残してクルーズの仕事に旅立ちました。
なんか戦中の日本みたいで、こちらまでグッときてしまいます。

それにしてもこの新妻が、評判以上に良い娘さんなんですよ。
バリ島に移住して以来、こんなに楽させてもらったのは初めてです。
ひゃ~、なんちゅう楽チンさ。

だったら、早よブログ書かんかいという気持ちもわからんではありませんが、
こんなときこそ、サボりたいのが人情ってもんです。
無駄な時間を過ごすことの、なんと清々しいことよ。

いや、これでは鬼兄嫁になってしまうので、
ちょっと心を入れ替えて、
朝のお供え物をしたりしなかったりしております。

「まずは」の報告がすごく長くなったので、
「その他」については、次回以降に少しずつアップします。

新作の製作にも取り掛かっているので、
こちらも完成したら、こちらで紹介します。

ということで、今後ともよろしくお願いいたします。

Pagination

Utility

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

カウンター

お問い合わせフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせの内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。