スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店主復活(?)

みなさん、ご無沙汰しています。

長らくブログの更新が停滞していました。
全くブログに気持ちが向かず、気づいたら2ヶ月が過ぎていました。

過ぎてみるとあっという間でしたが、この2ヶ月は色々と大変なこともありました。
(以下、言い訳、開始↓)

・・・・・・
12804476_10153991874289660_464093357_n.jpg

実は1月下旬に夫が、3月になって私が、デング熱に罹患してしまいました。
数年前に代々木公園辺りで発生した、アレですよアレ。

バリ島は雨季になると毎年デング熱が流行するので、特別なことではないんですが、
自分だけはまさかと思っていたら、これだ!!

しかも夫婦そろって! 
いらんがな、そのおそろい。

突然の高熱に始まり、手足のしびれ、全身の痛み、吐き気と、人生トップ3に入るしんどさに悶絶しました。

もう不惑の年を過ぎるくらい大人だけど、3回くらいベソかきましたよ。

でも、デングの本当の怖さは症状の辛さよりも、血液の数値が落ちていくこと。

白血球と血小板の数値が下がるので、免疫力が低下して、血が止まりにくくなります。

店主も罹患5日目くらいで、血液の数値がガクッと落ちてしまい、
この度、バリ島で初めて入院することに(出産時を除く)。

3人部屋で他二人は男性患者(全員デング)という、ハーレム部屋・・・
いらんがな、そのハーレム。

しかもカーテンは横との仕切りだけなので、足元からは丸見え・・・
さらに、エアコンから一番近いベッドだったので、暑いと隣の人が勝手にカーテンをあけようとする特典付き。
いらんがな、その特典。

でねでね(聞いて欲しくてノッてきた)ベッドサイドにナースコールがないから、
バリ人患者には必ず家族が付き添っていましたが、
店主はそんな事情は知らず、一人で入院したので、
空の点滴袋を抱え、ナースセンターに歩いて交換のお願いに行きました。涙。

くしくも入院2日目は、バリ島の新年ニュピで全島外出が禁止だったので、(誰もお見舞いに来れない)
ぽつーんと音がするほど独りぼっちの店主を見て、
お医者さんまで「一人で入院してるの!?」と驚いていました。

さすがに切なくなり、
フェイスブック辺りに不憫な自分を投稿して、世間の同情を引きまくろうかと思いましたが、
それは武士の美学に反するので我慢しました。
(今、投稿しちゃってるし、そもそも武士じゃないけど)

そして自宅に戻って3日、ようやくパソコンに向かう気持ちになってきた、というわけです。

デングも治り始めたことですし、今年の行商シーズンもいよいよ近くなってきたので、
次回からは今期の新作を紹介をしたいと思います。

ということで、簡単にまとめると「デングにかかって治ったよ」という報告でした。
(なんのこっちゃ)
スポンサーサイト

新年(?)のご挨拶と、店主の重大告白

みなさま、あけ(すぎ)ましておめでとうございます。
もう立春しちゃいましたけどね・・・

10151312_694589333916592_5527422242501807980_n.jpg

久しぶりすぎて、ブログのログイン方法も忘れそうな店主です。

さきほど、いいものやを激しく応援してくださるお客様兼宣伝部長から、
ブログアップのご要請をいただきまして、一念発起したところです。

というか、ぜんぜんアップしていなのに、覚えていてくれたことに感激!
これは書かにゃならんと、どーにかせんといかんと
宮崎あたりの方言で思った店主です。

いやー、もうこうなったら、わたしは部長のために書くよ(ウソ)

とはいえ、あまりにインターバルがあきすぎて、何から書けばよいのか思いあぐねてしまいますが・・・

あっ!大事なことが!!
パサールバッグが(とっくの昔に)入荷しておりました。

実は12月の暮れに・・・告知が遅すぎる。
豪雪にも負けず新作が見たいという方は、こちらの「お問い合わせ」もしくは下記までご連絡ください。
*025-782-9457(平賀方)

CIMG8088.jpg
SサイズとMサイズの無地と柄物が中心です。

ということで、そろそろ言い訳しなければなりません。
「なぜ、ブログを更新しなかったのか」です。

「どうせ、サボってココナッツとか飲んでたんだろう」などと思われる方もいるかもしれませんので、
誤解を解くために、思い切って告白したいことがございます!
(ちなみに飲んでたのは、ココナッツではなくビールです)

実は店主、いいものやの傍ら、物書きをしております!
ん?
別にたいした告白じゃない?
もう、知ってた?

・・・・・・・

ということで、ブログ以外の記事をてんこ盛り書いていました。
そのためにブログに手が回らず、今に至ってしまいました。
ごめんなさい。

言い訳にも告白にもなっていないような気がしますが・・・

二束のわらじというのは、簡単に履けるものではありませんね。

こちらは夫の二束のわらじである、お宿です。
植栽がだいぶ育っていい感じになりました。
10915227_828717853837072_6400301298889178174_n.jpg

10900032_828718277170363_5606216176784023671_o.jpg

先週の月曜日のこと


先週の月曜日、
前回ブログをアップした日のことです。

夫の外出中に家に電話がかかってきました。

「お宅のお子さんが学校で転んで頭から血が流しているので、先生が病院に運びました。」
「先生とお子さんは既に病院に言っているので、これから言う先生の携帯に連絡してください。」

「夫がすぐに学校に向かいます」と伝えると、
「お母さん、お子さんが血を流して病院に運ばれたんですよ。早く電話してください!」

なんだか、おおごとな気がしてきました。

「わたしは日本人なので、あまり言葉がわかりません。」
「あなたは、誰のお母さんなの!」と怒鳴りだす男。
状況はさらに緊迫している感じです。

恐らく上のような内容なんですが、
インドネシア語でかなりまくし立てられたので、
後半は何言っているんだかわかりませんでした。

とにかく付き添いの先生の番号を聞かなければなりません。

しかし何度聞きなおしても、違う番号なんです。
この辺りから動揺してしまい、耳と手がリンクしていない感じに。

5回目くらいで、ようやく携帯番号を入手して夫に伝えました。

夫は、とにかく落ち着くようにと言い残し、電話を切りました。

状況はわからないけれど、いえ、わからないからこそ、
最悪の状況ばかりが頭をよぎります。

口がカラカラに渇き、
心臓がバクバクして体が震えてきました。
いてもたってもいられず、とにかく歩き回ってしまいます。
座っていられません。

何かとんでもないことが起きてしまったのかもしれないと、

その前日は、月曜から始まるテストに向けて、
ムスメには、みっちり勉強を仕込んだのです。

九九がマスターできていないムスメは、
8の段を指を使って数えながら計算していました。

一生九九ができなくてもいいから、命だけは助かってくれと思いました。

その日の朝、ご飯の時間に放送されるテレビが観たいと駄々をコネ、
わたしに怒られました。

これからは一生、朝ごはんの時にアニメを観てもいいから、命だけは助かってくれと思いました。

そんなことが頭の中でグルグルして、
頭に血が上り、血管が切れるかと思いました。

義父が「どうしたの?」と訊ねてきたけれど、
「わたしにだってわからないよ」と怒鳴りました。

気が動転するというのは、こういう状態だと思いました。

数分後、夫から電話があり、
そう、お察しの通り「オレオレ詐欺」でした。

私以外の100万人くらいが察することができるだろうけれど、
わたしは微塵も疑わなかったし察することができませんでした。

夫からの電話をうけて、
ムスメが無事に学校にいることがわかり、
その場に崩れました。
あまりにショックな出来事があると、
人は本当に崩れ落ちることがわかりました。

「あー良かった、あー良かった、あー良かった・・・・・」
をエンドレスで口にしながら泣きました。

騙されたわたしのことを、近所の人たちは笑いましたが、
笑える結果で良かったと思ったら、また涙がでました。

当たり前だけど、その後ムスメは元気に帰ってきました。
「ママ、泣いたんだって」と笑いながら帰ってきました。
そしたらまた涙が出て、ムスメを抱きしめました。

ムスメは「子どもなんだから、入院なんてするわけないじゃん」とワケのわからないことを言っていました。
「大丈夫なんだから、もう泣かないで」と言いました。
そしたらムスコも「ママ ナカナイデ」と言いました。

その日は何時間たっても、頭に疲労感が残り、
まるで使い物になりませんでした。

夜になってもみぞおちのあたりがモヤモヤして、
ずっと違和感が消えませんでした。

「寿命が縮まった気がする」というけれど、
あれは気のせいなんかじゃなくて、
本当に縮まるんだと実感しました。

------------

10年も会っていない息子から、ある日突然電話がかかってきて、
その息子が泣きながら「オレだけど、大変なことしてしまった」と叫んでいる。
おばあさんはバカだから、簡単に騙されてお金を振り込んでしまう。
おばあさんはバカだな~と思っていました。

一方で「君は誰だ、名乗りなさい」と言って撃退したり、
騙されたフリをして、その間に警察に通報して犯人を捕まえたりする人もいます。
わたしはコッチ系の人間だと思っていました。

でもわたしは、おばあさんと同じようにバカでした。

いくつになっても、
10年間、音信不通の息子のことでも、
親はバカになることがわかりました。

それから、おばあさんの気持ちが少しわかりました。

おばあさんは「お金を騙し取られてかわいそう」とは言われても、
「息子さんが無事で良かったね」とは言われないでしょう。

おばあさんがどれだけ安堵したかを誰もわかってくれなかったら、
おばあさんは、とても孤独なのだろうと思いました。

わたしは、ムスメが無事だったことを、
共に喜べるパートナーがいることもわかりました。


いろいろなことがわかった月曜日でした。

そして1週間すぎて、熱さが喉元過ぎたわたしは、
「九九は絶対に覚えなさい!」「ご飯中にテレビはダメ!」
と、また口をすっぱくして言っています。

バカなんですね。

でも本当は、喉元過ぎても忘れられません。
バカのくせに、そこだけ全然忘れないんですよ。

行商「バリのいいものや」生活を始めてよかったこと5つ

※閲覧注意
どこかの人気ブログみたいなタイトルですが、
店主の個人的な感想のみの構成なので、
教訓めいたことは期待しないでください。
あくまでも個人の感想ですので、
「これ違うだろ!」とつっこみたい部分もグッと飲み込んでください。
それから、長いわりにはあんまり面白くありません。
という意味での「閲覧注意」でした。

CIMG6956.jpg

昨晩、寝過ごしてブログ更新を怠りました。
というか、ネタが思いつきません。

ということで、今回は店主の独り言をお送りします。

「今、何してるの?」と聞かれて「行商かな…」と答えると、
「シジミでも売ってんのかよ?」と笑い飛ばされていた、いいものやスタート当初。

今では行商という言葉も板につき、友人にも笑い飛ばされなくなってきました。

正直、こんなに続くとは思っていなかったいいものや。
店名の「バリのいいものや」は、急場しのぎで適当につけた名前でしたが、
今では、お客様に「バリさん」「いいものやさん」と認知していただけるようにまで。
未だに信じられない気分です。

そんな店主が、いいものやを始めてよかったことを5つだけ紹介します。
もっと聞きたいという人は、先着3名様まで寿司屋(注:回らない寿司限定、おごり限定、酒付き)でお話します。

■布を大量に買える
古今東西「女性は布好き」と決まっています(店主調べ)。
たとえ裁縫が苦手でも、かわいい布を見るのは女性にとって心踊る瞬間です。
いいものやはオリジナルの衣類を製作しているので、大量に布を購入します。
一回の買い付けが、数百メートルになることもあります。
たとえ自分が袖を通すことはなくとも、カワイイ布や出来上がった服たちに囲まれて過ごせるのは幸せだと感じます。

■見た目を気にするようになった
出産後は「授乳に便利な服」「子守りに適した服」、
バリ島移住後は「涼しくてすぐに乾く服」を選ぶようになり、ファッションの楽しみから遠ざかっていました。
いいものやは店頭売りがメインなので、売り場での接客が命。
カリスマ店員を常勤で雇うことができないので、必然的に店主=販売員です。
そのため店主のスタイルが売上に直結するかもしれないという危機感があります。
眠らせていたおしゃれ心を思い出し、身だしなみを整えようと意識するようになりました。

■仕事とお金に対する価値観が変わった
バリ島に移住する前は(移住後も少し)組織に雇われて、労働の対価としてお給料をもらっていました。
労働の質に関わらず、一定の時間職場にいるとお金がもらえました。恵まれた環境だったと思います。
自営業はボーっとしていては、お金になりません。つまり頑張らないと、お金はもらえません。
「人生はお金」ではありませんが、「お金は人生」そのものだと感じます。
どんなお金を稼いできたのか、それが人生を表すのだと。
商品を売るということは、お客様の大切な人生をいただくこと。
いい仕事をしなきゃいけません。

■毎年、日本に帰れる
移住当初は2年か3年に一度、日本に戻れればいいかなと思っていましたが、
いいものやのおかげで毎年日本へ行くことができています。
「また来年」の挨拶を、最近はリアルに交わすことができるようになりました。
とはいえ航空費をいかに捻出するかは、いつも悩みの種です。
マイレージは使い切ってしまいましたし・・・

■人と繋がることができた
実は人脈作りがとても苦手です。
人脈という以前に、友達作りが下手なのです。
昔から自意識過剰で自尊心が強く、自分から話しかけたり、コミュニティーに入ったりすることができませんでした。
その性格も苦手意識も変わりませんが、
店頭に立つことで必然的に初対面の方とも話すようになり、気づいたら好きな人が増えていました。
知らない土地に行き、知らない方と出会い、新しい価値観に触れて、
ときにはハッとしてグッときたり、また勇気付けられたりもします。
やっぱり「人」が一番刺激的なんですね。
新しいアイデアが生まれる原動力は、ズバリ「人」ですから。


良かったことばかり書きましたが、もちろん弊害もあります。

一番心苦しいのは、仕事を理由に子ども達を振り回していること。
仕事はエゴを正当化するのにベストな手段だけど、
大切なものを犠牲にする理由にはなりません。

「仕事!」って言うと、泣く子もだまるけれど、やっぱり仕事は一番じゃないです。

いや大事なんだけど、全てを犠牲にしていい仕事なんてないわけで・・・
でも働かないと一番大事なものが守れなくなる可能性もあるわけで・・・

人生は今日も悩ましいですね。

面白いブログの書き方

コチラは、暑さが厳しくなってきました。
CIMG6961.jpg

あっという間に土曜日ですね。
色々イベントはあるのですが、ほぼ宗教行事なので、
年一のハロウィンのように、メリハリがないんですよ。

先週からの参加行事をざっと紹介すると、
・近所の家の結婚式に朝6時から参列して眠い

・半年に一度のバロン(ざっくり言うと「良い神様」です)の行進の時期到来
 炎天下をバロンにつきあって3時間行進したら超しんどい

・家寺の祭りの準備が始まったけど、義弟のお嫁さんが仕切ってくれて超ありがたい

ほら、宗教のことばかりでしょう。
簡単に説明しただけでは伝わりにくいと思いますが、
詳しく説明しても、全然面白くないんですよ、コレ。

なので、ちょっと面白かったことを。

ムスメの誕生日パーティーをしました。
こちらでは、お誕生日の子がお友達を呼んでパーティーをするのが、
ある種ステイタスみたいになっています。

ということで近所の子ども達を招いて、
パーティーみたいなことをしました。
CIMG7300.jpg
こちらのドレスは約1600円。安くないですか!?

CIMG7291.jpg
そしたら弟まで、どーしてもドレスが着たくなり・・・

幼児雑誌(「めばえ」など)に、
よく「お姉ちゃんにつられて、弟もプリキュアになっちゃいました!(笑)」
などという、他人には(笑)どころが全く不明な女装写真が投稿されたりしているのですが、
初めて投稿する親御さんの気持ちがわかりました。

あー、うちのムスコ、おもしろい!ぷぷぷぷっ。

恐らく実家のジジ&ババ以外はイラっとしてますね、きっと。
すみません。

このブログは、いいものやの宣伝のために始めたのですが、
書くことで色々な発見もあり、
今ではわたしの自己表現の大切な場にもなっています。

わたしは、基本的に「面白く」書きたいと思っていて、
でも自分が面白いことと、他人様が面白いことは違うので、
ちょくちょくスベッているわけです。

それでも、自分が面白いと思うことしか表現できないことも事実。
自分の面白いを信じて、書き続けるしかありません。

すごいタイトルをつけたわりには、
面白い書き方なんてわからないというオチなのですが・・・・・・

Pagination

Utility

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

カウンター

お問い合わせフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせの内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。