スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お披露目 バティックタイパンツ

だいぶ、ブログをさぼってしまいましたが、
良い報告ができそうです。

ご心配をおかけした「バティックタイパンツ」が、
無事に腰紐の長さを調整されて、仕上がってきました。

そして先ほどまで、眠気と戦いながら検品作業に追われていましたが、
8月7日の軽トラ市に間に合うように、日本へ発送できる見通しができました。

本当に良かった~、お披露目できて。

同じ色柄がかぶらないように、ほとんどが一点ものに仕上げています。

並べてみるとこんな感じ(全8色)

平置3枚


はき方をご参考までに・・

①バティックを内側、紐を後ろになるようにして、すっぽりはきます。

②片方に寄せて、余った布を前に折り返します。

③腰紐でしっかり結びます。

④バティック部分を紐の上から折り返します。

すると、こんな感じではけます。

玉虫ブルー試着

これは、別の色で。

モスグ試着


腰紐はかなり長くとっているので、男女兼用でお使いいただけます。
ぜひパートナーの方と、ご兼用でどうぞ。

私はマタニティの時に使い始めて、すっかりハマってしまった口です。

腰を少し落として、股に少しゆとりを持たせてはくと、とても涼しいので、
エコパンツとしてもおススメです。

スポンサーサイト

「タイパンツ」作りのこと

「バリのいいものや」が一番力を注いでいるとも言えるのが「タイパンツ」

タイパンツという名前の通り、もともとはタイの人たちがはいていたパンツ(だと思います)。

今では、バリでもすっかり定番人気となりました。

タイパンツは上の部分を折り返してはきますが、
私たちは、この折り返しの部分にバティックを使用して作っています。

折り返すと帯のように腰周りにバティック柄が出て、かわいいのです。

現在、このバティックタイパンツを製作中なのですが、
やはり外国での(南国での)モノ作りは大変でした。

言葉の問題と感覚の問題と、その他もろもろの問題で本日2度目のやり直し。

一度目の時には、縫い目が指定した位置になっていませんでした。
ここは「日本人のこだわり」とも言えなくもないので、
南国気質の縫製屋さんが忘れてしまったのも、わかる(10歩譲って)
使用する際には問題はない部分なので悩みましたが(さらに、この段階で9割り仕上がっていたので)
やはりやり直してもらいました。

しか~し昨日上がってきたタイパンツを見て、びっくり!
タイパンツの命とも言える、腰紐が50cmも短かったのです。
これは1000歩譲っても、NOです。

「フリーサイズなのに、誰もはけないやんけ(怒)」
「なんじゃ、この申し訳程度の結び目は(怒)」
と行きたいところですが、南国では怒ってはいけません。
(怒)→(笑)としなければいけません(トホホ)

本日、腰紐用の布を買い足して、再度やり直しとなりました。

7月初旬にオーダーした時には「2週間でできる」と、
自信満々だった縫製屋さんでしたが、やはりギリギリになってしまうのでした。

今回のミスは、仕様書などを作らなかった私たちのミスでもありました。
いい勉強になりました。

8月の軽トラ市までには間に合わせたいので、
現在縫製屋さんに頑張ってもらっています。

来週には写真をアップできると良いのですが・・・

カラフル バティック

batik1.jpg

バリ島のバティックは渋めの色合いが特徴ですが、
やっぱり夏はカラフルな色に惹かれます。

サイズは約110cm×200cmとけっこう大きいので、用途はいろいろです。

テーブルクロスや壁掛けにと、そのままお使いになる方や、
手芸用の布としてお求めになる方もいらっしゃいます。

バティックは1枚の布の中に、いろいろな柄が隠れているので、
ひろげた時に初めて布の雰囲気がわかります。
是非、手にとってひろげてみてください。

batik2.jpg


先日、茶色の渋めの色柄のバティックを、
「はんてんに仕立てるわ」とおっしゃって、買ってくださったお客様がいました。

「そういう使い方もあるのね~」と目からうろこでした。

「お部屋全体をアジアンチックにするのは、ちょっと・・・・」
という時には、クッションカバーなどにすると、スパイスになってかわいいです。

実はこのバティックを使って、ある日本ならではの衣類の試作品を作ってもらっています。
完成したらお披露目したいと思いますので、気長にお待ちくださいね。

それと、今回から写真を少し大きくしてみました。
写真の技術は徐々に磨いていこう!ということで、
しばらくは素人ならではの写真をお楽しみ(?)いただくことになりますが、
そのうち上手になります(その予定です)ので、こちらも気長にお待ちくださいね。

ココナッツウッドの器たち

ココナッツウッド1


ココナッツはバリ島の生活には欠かせない素材。

料理はもちろん、お供えものや石鹸にも加工して使われています。

今回はこのココナッツを使った器たちを探してきました。

ココナッツの幹の中身は、無数の繊維状の木目が走っています。
いわゆる"わっか"状になった、年輪は無いんです。
この木目の風合いを生かして作られた器がこちら。

ココナッツウッド2

木目、見えますか??
小物入れと灰皿です。

そして「これは何?」という質問の多かったのが、こちらの器。

ココナッツウッド4

上から見ると↓こんな感じです

ココナッツウッド3

ココナッツのどこの部分かわかりますか?
実は、ココナッツの花の(顎)ガクの部分を加工して作られています。
フルーツを入れるだけで、オブジェとして絵になる器です。

こちらも8月上旬に日本に到着する予定です。



軽トラ市に出店します

出店のお知らせです。

つむぎ通り「軽トラ市」に「バリのいいものや」も出店します。

日時:8月7日(日)10:00~14:00
(雨天決行)
場所:南魚沼市塩沢駅前通り
(つむぎ通り町づくり実行委員会 http://tsumugidoori.o-mec.com/index.php?FrontPage)

この、つむぎ通り「軽トラ市」は5月~11月の毎月第一日曜に行われています。

私たちも6月に初めて出店させていただきましたが、
塩沢の方だけでなく、県外からのお客様などもいらっしゃって、大変な賑わいでした。

今回は人気のパサールバッグやバティックタイパンツに加えて、
冷房対策に便利なニットの羽織物や、木製ビーズのアクセサリーなども並ぶ予定です。

是非、お越しください。

いいものやブログを始めました

パサールバッグ

いきおいで「バリのいいものや」を始めて一ヶ月半。

始めたと言っても、
地域の産業祭りやフェアなどにテントで参加させていただくという、細々とした営業です。

それでも、6月の旧塩沢町の「軽トラ市」→http://tsumugidoori.o-mec.com/
や須田養魚所さんをお借りした「ガレージセール」、旧小出町の「小さなお店マーケット」に出店させていただいた際には、多くの方にお越しいただきました。
改めまして、ありがとうございました。

特にガレージセールでは「新しい商品が入ったら、連絡します」と言っておきながら、
すでに7月中旬になってしまいました。
連絡を待っていてくださった方がいらしたら、ごめんなさい。

やはり個々のお客様に、「画像つきの商品紹介をしていたのでは容量が大きく、見たくない方にはご迷惑だろう」
ということで、ブログで商品などを紹介していくということになりました。

ありがたいことに「実店舗はどこですか」という、うれしいお言葉をいただいたりしましたが、
実店舗を持てるまでには、まだまだ遠い道のりでして・・・

でも「やっぱりバリのいいものを紹介したい」という気持ちは捨てきれないので、
目下、営業方法模索中です。

今後も(営業方法も固まっていないくせに)いいモノを探して、そして作っていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

早速、「パサールバッグ」入荷です。
今回は淡いパステル調の色合いのモノが、たくさん入っています。
ビニールテープで編まれているので、軽くて汚れても水洗いができる丈夫なバッグです。
これからの季節に、がんがん使っていただきたいバッグです。
日本到着は早ければ、8月上旬です。

パサールバッグ パステルカラー

Pagination

Utility

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

カウンター

お問い合わせフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせの内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。