開店か!?

石坂まいたけさんから、うれしいお知らせが!
まいたけがチョロチョロとでき始めてきたので、湯沢直売所も営業を再開したとのことです。

でも、あくまでも営業はまいたけの出来次第なので、
「今日はお店は開けられない」ということもあるそうです。

特に、今年は異常気象の影響で、例年のようにスクスク育ってくれないみたいです。

「自然の製法」と言っても、
消費者的には「時期が来れば、出荷されるんでしょ」と思いがちです。(私だけ?)
やっぱり難しいものなのですね。
だから多くの生産者が諦めてしまうんだろうな~と。
それを「生業として」となると、その大変さはなおのこと・・・
石坂さんの職人魂を感じずにはいられません。

私もこのこだわりを見習って、これからも”いいものづくり”頑張ります。

お店の営業情報については、以下にお問い合わせを。
お出かけになる前に、確認されることをおすすめします。
石坂まいたけ湯沢直売所:025-785-5415

スポンサーサイト

サプライズも楽じゃない

今日は旦那さんの妹(義理の妹)の誕生日でした。

そこで、朝から張り切ってケーキ焼いてみました。
我が家はオーブンはないので、バリ式のえせダッチオーブンを使ってガスコンロで焼きます。
このえせダッチオーブンが使えるんですよ!
アウトドアでもケーキが焼けます。
使い方については、リクエストが多ければ後日ご紹介します。(クラップ投票式にします)

本題はここからです。

バリの人は自分の誕生日が分からない人もいるほど(=義父です)誕生日には無頓着。
だから他人が祝ってくれることなど、ほとんど皆無と言ってよいほどです。

そこで今回はサプライズで義妹を祝ってあげようと考えました。

昨日のうちに買い込んだ材料は、部屋の片隅に隠して保管。
娘には「絶対にコマンおばさん(=義妹)に言っちゃ駄目だよ。
ついでに、おじいさん(=義父)と、おじさん(義弟)にも言っちゃ駄目(すぐしゃべるから)」と念を押し、
今朝、義妹を仕事に送り出す際も、帰宅時間をチェック!

朝ごはんが済んだら、さっそく娘にはプレゼント(絵)の作成にとりかからせ、
私はケーキ作りを始めました。
なんとかケーキも順調に仕上がり、
あとは”義妹が冷蔵庫に入ったケーキを見てサプラ~イズ”を待つばかり。

とそこへ、突然となりのおばさんが。
「ケーキ焼いたの?なんで?」と。
なぜ、分かる?というか、知ってどうする?

以前も少し紹介しましたが、
半オープンの家のため、隣家まで香りが流れて行ったみたいなのです。

この突撃訪問の時点で、かなりビックリしたのですが、
次に「あっ、ばれちゃう。サプライズなのに!」との一抹の不安が走りました。

これに追い討ちをかけるように、娘がコソコソ声でこのおばさんに耳打ちしています。
ムムムッ、もしや・・・
「あ~そう、今日はコマンおばさんの誕生日なのね~」と拡声器並みに盛大な声でおばさんが話してくれるので、
娘のコソコソ作戦も撃沈です。だから言うなっちゅーに。

”このままじゃ、義妹が仕事から帰ってくる道すがら、
「兄さんの嫁さんがケーキ焼いてたよ」と拡声器声で伝わっちまう!”と思ったので、
一応「驚かせたいから言わないでね」と、このおばさんにも口止めしておきました。

たしかに義妹には言わなかったのですが(すれ違わなかったから)
午後からの寺の手伝い仕事中、まあ次々と村中のご婦人方に広めてくれました。
そこら中の人たちから「コマンの誕生祝にケーキ作ったんだってね」と声をかけられる始末。

ケーキなどあまり作らないバリの田舎の村ですから、
誕生日(ごとき)にケーキを焼いたなんて、そりゃもう一大事(大げさ)
もはや秘密どころか、大公開な展開に・・・

これじゃサプライズ作戦にならないじゃん!
でも義妹はまだ知らないしね、と思っていたのですが・・・

義妹が帰宅するやいなや、
「コマンおばさ~ん、ケーキ作ったよ~」と我慢しきれず、娘が暴露したらしいのです。
(この時、私は寺の手伝い中)

後で義妹に「それでもビックリした?」と聞いたところ、
「おいしかった」という、とんちんかんな返答が。
そう驚かなかったんですよ。

サプライズ作戦大失敗。

いや~、こうもサプライズを妨害する要素があるとは思いませんでした。
というか、私の方がこの展開にサプライズでした。

そして一番教訓になったのは、
「ケーキを焼く時は、お隣へのおすそ分け用の分も作ること」

ちゃんちゃん。

告知の修正とお詫び

ごめんなさい、昨日告知した営業日ですが、
「まいたけの収穫の関係で4~5日お休みします」とのこと。

石坂まいたけさんからも、コメントをいただいちゃいましたね、
確認せずに告知してしまって、ご迷惑おかけしました。

でもでも、このこだわりが石坂まいたけの魅力。
チョチョッとハウス栽培とかしちゃわないんです、ここん家。
気長に露地まいたけができるのを待ちましょう。

ということで、バリのいいものやも少しお休みです。

再開の際は、こちらでも告知します。


秋と言えば・・・

10月の三連休も二日目。
いよいよ本格的に秋めいてきたころでしょうか。

秋と言えば「食欲の秋」ということで、
告知が遅くなりましたが、10月は石坂まいたけ恒例(?)の「まいたけマンスリー」です。

以前もブログでお伝えしていた通り、10月末までは毎日湯沢店がオープンしています。
さらに週末はまいたけのバター焼きなどの試食も行っているので、
石坂まいたけをまだ食べたことの無い方、ちょっと小腹がすいた方、ぜひ石坂まいたけ湯沢店へ。

特に「露地まいたけ」はこの時期だけの限定商品です。
もともと天然に近い風味と食感が魅力ですが、
露地まいたけは自然の林の中でじっくり育てているので、まさに天然に限りなく近い味。
やみつきになること間違いなしです。

是非、この機会にお試しください。

もう一つ、秋と言えば「芸術の秋」
バリのいいものやにも、珍しい楽器が入荷しています。

親指ピアノとも呼ばれる「カリンバ」です。

カリンバ

カリンバの音色

秋のアウトドア企画などにもってこいの、ビジュアルと音色。
ポロポロという音の心地よさに赤子は眠ってしまうことも。

スクエア型とバティックモチーフの丸型が、ぞれぞれ入荷しています。
お店で手にとって実際に音色を体験してください。


Pagination

Utility

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

カウンター

お問い合わせフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせの内容: