痛恨のミスが続出した週末について

バリヒンドゥーの総本山である「ブサキ寺院」の祭礼が、
ここ1ヶ月ほど続いています。

実は、私ブサキ寺院に参拝したことがなく、
先日の日曜日に初参拝してきました。

同時期にバトゥール山という火山(今は噴火してません)近くの、
大きな寺院も祭礼をしているので、
こちらも参拝してきました。

これまで色々と祭礼ごとに関わってきたのに、
「遠いから。。。」という超消極的な理由で参拝を避けていましたが、
年貢の納め時ということで、腹をくくりました。

なので気合を入れたはずなのに!
カメラ忘れた!

でもって、息子の初参拝用のお供えの部品の一部まで忘れた!
ショック、ショーック!大ショック!

痛恨のミス!痛い、痛すぎる!!

CIMG6056.jpg
ほえる夫+息子

バトゥールの寺院はそれはそれは豪華絢爛で、
これまで参拝した寺院とは比べ物にならないくらい素晴らしかったです。

でもそれを伝える写真がないので、
娘の言葉をかります。

「ちびまる子ちゃんの、花輪クンのお家みたいだね~」

そう!そのとおり!
わが子ながら、なんと的を得た表現!
みなさん、大切なことなのでもう一度いいますね。
「バトゥールの寺院は花輪クンの家みたいですよ!」(祭礼時のみ)

ということで寺院の方は想像してください。

そして、ブサキ寺院です。
噂にたがわぬ遠さ!
もう車中で2回昼寝しましたからね。(すまぬ夫よ)

総本山というだけのことはあり、
数十の寺院が山のふもとにいくつもそびえ、
参拝者が連なって階段から降りてくる様は圧巻です。

こちらは豪華というよりも、荘厳という言葉がぴったり!
でも、もちろん写真はありませんので、想像してくださいね。

たくさんある寺院の中から、我が家が参拝する寺をさがして、
階段を上り下りすること数回。
急勾配な階段を重いお供えを持って、汗だくで寺を探す夫。

入り口が似ているので、
ちゃんと覚えてないと寺を見つけるのは厳しそうでした。

夫はもちろん初めてではありませんが、
もともと祭事に興味がなく、万年ついていくだけ要員なので、
今回、急にリーダー抜擢されても、発揮する実力がないわけです。

で、こんなときのお助けコール。
義妹に電話するも、彼女もうろ覚え。
確かこんな名前だったという、寺院名を聞き出し、
それを頼りにたずねると、ありました!

参拝者がスッカスカで、本当にここ?という疑念がわきましたが、
「溺れる者は夫をもつかむ」ということで、
一応、参拝を済ませました。

ブサキのメイン寺にも参拝して、
息子のお披露目のお供えを済ませたら、ものすごくスッキリしました。
あー、行って良かった~。

もう、こうなってくるとバリ人ですね、私。

無事、帰路に着き、お供え物の残りを食べながら、
1日がかりの参拝ツアーの様子を、義妹などに聞かせていたときです。

「その寺、違うよ!」

・・・・!

「違う寺に参拝しちゃってるよ!」

なぬっ!
えええええっ!

夫、痛恨のミス!痛い、私よりも痛すぎる!!!
ショック、ショーック!いや、マジでショック。。。

CIMG6031.jpg
ひっくりかえる夫

なんとミスの多い夫婦なのでしょう。

・・・これからも支え合って生きて行きたいと思います・・・













スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://balinoiimonoya.blog.fc2.com/tb.php/158-f1da5490

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

カウンター

お問い合わせフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせの内容: