スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリの家のつくり

ブログの更新をサボっていたので、罪滅ぼしに(誰に?)
ブログのヘッダーの写真を更新しました。
これ、バリでの住まいです=旦那さんの実家です。

ということで、ついでにバリの家事情をご紹介します。

見ての通り、いくつか小さな家が立ち並んでいるのですが、
暑いバリでは部屋から出たら直ぐお庭、というのが一般的。

なので一つ一つの部屋が独立した作りになっています。
お部屋はもちろん、トイレもキッチンも別棟です。

各家庭には必ず家寺が配置されています。
家寺は土地の北東に建てる決まりになっていて、
さらに家の儀式用の東屋も決められた位置に建てることになっています。
我が家でいうと、左奥のコンクリート塀のところが家寺で、人が座ってる建物が儀式用の東屋ですね。

これらの配置が決まって、初めて人のお部屋の場所が決まるという・・・
日本の建築基準とは大分違う基準がありまして、なかなか難しいのです。

実際に生活してみると、たしかに涼しく暮らすための知恵も感じられて、
快適な部分も多いのですが、それ以上に大変なこともあるんです。

ちょっとその例を一部紹介します。

1.各部屋の移動にいちいちサンダルをはかないといけない。
というか、バリの家族は裸足で歩き、そのままの足で床に上がるので、
床が常にジャリジャリ&汚い。

2.雨のときに部屋の移動に傘がいる。
そして床がすべるので、そろそろ足での移動。
ゆえに、緊急事態(トイレに直ぐにでも駆け込みたい時など)なのに走れないという。
さらに雨上がりは床がビチョビチョになるので、必ずモップがけ(面倒くさい)

3.段差だらけなので、転落に注意が必要。
うちの娘はこちらに来た当初、全ての建物から一回ずつ転落しました。
でも一回転落したら、もう落ちなくなりました。

などなど。

でも寒い冬の日本から見たら、
足の裏がジャリジャリしても1年中裸足で生活できるのも良いのかもしれません。(どうでしょう・・・?)


旦那さんの実家は核家族なので、親戚家族は住んでいませんが、
友人が嫁いだ先の家族は同じ敷地内に何世帯もが何世代にも渡って暮らしているので、
数えてみたら80人もいたらしいです。ビックリです。

もともとバリでは道に沿って、それぞれの一族が奥に長~い土地を所有していたので、
入り口は狭いのに奥まで100メートルとか、もありなんです。

上に紹介した友達の家も、うなぎの寝床のような土地に無数の家々が点在していて、
ちょっと直ぐには目的の家族にたどり着けません。

これから雨季に入るので、また傘をさしてキッチンに行く生活が始まりそうです。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://balinoiimonoya.blog.fc2.com/tb.php/19-3ad22223

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

カウンター

お問い合わせフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせの内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。