子どもたちのデビュー

今回は親バカブログということで、サラっとお読みください。

今日は娘の学校の終業式。そこで娘がバリ舞踊に初めて挑戦しました。
半年以上練習してきた「プスポルスティ」(演目の名前です)のお披露目。

娘はバリに来たときから、バリ舞踊が大好きです。
バリ舞踊ダンサーの旦那の妹(おばさんですね)が、着飾る姿をいつも羨ましそうに見ていました。
そして遂に来た、この日が!

大張り切りで、暗いうちから起きる娘・・・眠い。
朝7時から、メイクと衣装の着付け。

メイク開始
まずは下地ベースを塗ってもらって、メイク開始です。

アイシャドウ
アイシャドウはこれでもかという色彩で!

入魂
額の中央に入魂。

頭
髪の毛も大盛り。「重いよ~」

ハイポーズ
家寺の門の前で、ダンスのキメポーズ。「はい、デ・ポン」
大人っぽすぎる~

バリでは保育園の卒園式などで、女の子なら誰でも一度は経験するのですが、
日本人の私には、すごく特別でした。

まさか娘が人前で、こんな衣装をつけて踊るなんて!
想像しただけで、超興奮!親の方が緊張しまくりでした。

赤子の世話があるので、踊りは見にいけませんでしたが、
ちゃんと踊れたようで、満足した顔で帰ってきました。
なんとか無事にデビューできたようです。

そして、こちらは弟のデビュー。

少し前になりますが、生後42日目で生まれて初めて行うバリヒンドゥーの儀式です。

この日のために、親戚のおばさんや旦那の妹が、
何日も前からお供え物作りを、頑張ってくれていました。(謝謝!)

マンク
近所の司祭さんに来てもらって、いよいよ儀式の始まりです。

お米
気づいたら、額にお米がつけられていました。
なんなんでしょう、このカワイさったら!

ナンマイ
そしてパパに手を持ってもらって、一応ナンマイのスタイル。

この後で「聖水」という名の水道水を飲まされていたので、かなりビビリましたが、
さすが聖水!お腹をこわすこともありませんでした。

4歳のナンマイ
ちなみに姉の方は、こんなに上手にナンマイできるようになりました。

子どもっていつの間にか大きくなっていて、
一方、親はなかなか大きくなれないでいて・・・
いつも感動をありがとうと、改めて思った1日でした。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://balinoiimonoya.blog.fc2.com/tb.php/43-49b50a26

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

カウンター

お問い合わせフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせの内容: